板橋区|ニコ動物病院|ときわ台駅・志村坂上駅|土曜日曜|トリミング

▶︎home

予防医療から高度医療まで

的確な診断と治療を提供できる

「どうぶつ」にも「ひと」にも優しい動物病院

それが私たちの目標です

それを目指して日々診療に取り組んでおります

「どうぶつ」と「ひと」をつなぐ絆を大切にし

「どうぶつ」と「ひと」が共に楽しく暮らせるように

お手伝いをさせてください

狂犬病・フィラリア予防が始まりました。

板橋区では、コロナウイルス感染症の影響で集合注射は行われません。

動物病院で個別に狂犬病接種を実施する必要があります。

ニコ動物病院でも、予防接種および注射済票の発行を行なっております。

フィラリア予防も始まる時期ですので、同時に済ませていただけると

通院の回数が減らせて便利です。

ご来院される場合のお願い

1、来院される人数の制限をしてください。(可能なら、おひとりで)

2、待合以外で待つことも検討してください。(病院の外、お車など)

3、マスクを着用してきてください。

4、待合で待たれる場合は、できるだけ間隔をあけてください。

5、待合で待たれる場合は、会話を控えてください。

オンラインでの事前受付、お願いいたします。

ニコ動物病院では、オンライン受付を行なっております。
ペット手帳というアプリ(またはLINE)を使用します。
いつでも事前受付をする事ができ、非常に便利です。
受付の枠が空いているところのみ、受診予約が可能です。
お電話での診療受付と異なり、体調の聴取や緊急度の判断ができません。
★「体調がとても悪い」「救急」「お急ぎ」の場合には、
直接お電話でお問い合わせください。
受付方法は、動画を参考にしてください。

診療受付、病院からの緊急連絡用に

  ・・ペット手帳への登録を・・

ペット手帳アプリ使って、登録をお願いします。

動物病院登録を行うことで、「ニコ動物病院」からお知らせを受ける事ができます。

ペット手帳の検索方法

・LINEアプリ内の検索から、ペット手帳を検索してください。

・または下記QRコードから、アプリのダウンロードを。

院内の様子

診療時間

待合での混雑を避ける目的もあり、事前受付制へ移行させていただきました。

30分単位での診療受付を実施しております。

受付済みの方優先での診察となり、順番の前後が発生します。

体調悪化など、緊急時は優先して診察させていただきます。

▶︎診療の内容や重症度の高い疾患などを患っていらっしゃる場合は、診察にかかる時間がどうしても長くなってしまいます。そのため、30分以上お待たせしてしまう場合がございます事をご理解ください。(特に土日など)◀︎

日.祝

9:30-12:00

16:00-18:30

年中無休  ※事前受付制(事前受付のない場合は、待ち時間が長くなります。)

時間外・夜間の対応について

新型コロナウイルス感染症拡大に伴いまして。

夜間スタッフの確保が困難な事、スタッフが手薄になることでの感染予防が不十分になるなどの観点から夜間の時間帯の現在診察しておりません。

下記の救急サービスと提携をしております。

緊急・救急時には、ご利用をお願いいたします。

①動物救急F&S ペットの救急車 お問い合わせ、相談は無料です。
往診救急車サービスです。
深夜の時間帯お車での移動が困難なケースのご利用が便利です。

TEL  03−5346−7338
TEL  03−5941−2552 どちらでもつながります。
ご自宅には入らずに、救急車の中で診察と処置を行います。
応急処置対応が基本です。緊急・重症のケースでは相談の上、救急病院への搬送も可能です。
対応時間 PM8:00〜AM3:00
無料サービス ①電話での問い合わせ、相談  ②ワクチン接種後の体調不良
対応動物 犬・猫 (ウサギ・ハムスター等、曜日により受付け可能)

②ER練馬(動物救急センター)
TEL 03-6913-4160 東京都練馬区 谷原2-1-25
対応時間 24時間365日
対応動物 犬・猫

病院スタッフ

院長を含め、8名で診療を行っております。

獣医師

●●●

看護師 トリマー

●●●●●

獣医師出勤シフト

院長(信夫)

水野

山田

ペット保険の取扱

「どうぶつ」の治療に専念できるよう、ペット保険の対応を行っております。

下記の保険ご加入の方は、受付にてお知らせください。

●アニコム     ●アイペット     ●ペット&ファミリー

キャッシュレス決済対応

キャッシュレスでのお支払も可能です。

●VISA  ●Master  ●JCB  ●AmericanExpress  ●DinersClud ●PayPay

参加学術団体

常に新しい情報を、診察に反映するためにいくつかの学術団体に参加しております。

新しく学んだ知識を、役立てるように努力を続けております。

日本獣医麻酔外科学会

獣医神経病学会

日本獣医循環器学会

獣医がん学会

日本獣医動物行動学研究会

日本動物病院協会(Jaha)